vol.11 〜 Claudine Longet /Great Song from The Party 〜

「 もう3月ですねー。21日あたりに何かあるみたいな。。。」

Great Song from The Party / Claudine Longet

 
 風はまだすごく冷たいし、まだまだ春には遠いってカンジですよね〜。
でも、自転車レースでは、「パリ〜ニース」という約1週間の短いツアー・レースが明日の日曜からスタートします。日本からも選手が参加すると楽しみが増えるんですよね〜。
 ちなみに、レース・ガイドにはこんなコメントが出てました。
「パリから地中海のリゾート都市ニースを目指す別名、太陽へ向かうレース「パリ~ニース」3月3日~10日フランスを舞台に全8ステージ、総走行距離およそ1200kmで争われる。 過去にはアンクティル、メルクス、ズートメルク、インドゥライン、コンタドール等々 そうそうたるツールチャンピオンが勝利を勝ち取ってきたこの大会、2012年はイギリス人初となるツールでマイヨ・ジョーヌを獲得したブラッドレー・ウィギンスが総合優勝」。
 
 まぁ、これからが本格的なサイクルロードレースのシーズンですから、テレビ観戦にも熱が入るんです。自転車の選手、というと、日本では競輪の選手のイメージくらいしかないかもですが、すでに世界最高峰の、おなじみツール・ド・フランスにはここ数年、荒城選手や別府選手、土井選手などが出ていて活躍ぶりが話題になってます。
 自転車レースの話はこのくらいにしますが、ヨーロッパではほぼ全土で自転車の人気が高いことくらいは覚えておいていいかもですネ。
 かく言うワタクシはただのママチャリなんですが、それでも春めいて来ると、冬場よりはるかにあちこち移動出来るので、チャリ散歩も多くなります。ウチからは多摩川が近いので、その河原の土手の道とか、近隣の住宅地、あちこち点在する畑とかも、イチゴとかフルーツを作ってるところもあったりいろいろな眺めが楽しめるんです。ただ、多摩川沿いは、当然ですが環八からは行きは下り坂、帰りは当然上り坂という、かなりママチャリにはハードな行程です。ロードレーサーだと、ビュッ!と一息なんでしょうねぇ〜。知り合いの音楽仲間Daddy-O-Novちゃんとかは本格的なロードレーサーマニアで、自転車はもちろん、衣装まで
選手と同じタイプのものも着て一日何十キロも走ったりしてます。去年彼女(Stompin' Riffraffsのキーボードのmikuちゃん)とともに、スペインのレースを体験しにわざわざ出かけて、応援してる姿をテレビで大写しにされて、スペインの新聞でもデカデカと報道されてました。
この人が、日本のガレージ/パンクの王様、Daddy-O-Novちゃん)
 今の寒さもさすがに今月半ば頃には和らぐでしょうから、あと少しの我慢です。そう言えばこの21日頃からN_DRESSにも春の動きがあるらしいです。ワタクシからはハッキリとは言えません。今にキチンと正式
になんらかの発表があるでしょうネ。期待していいとオモイマ〜ス!
 今日のBGはそんな春めいた時期にピッタリな、ささやき姫こと、クロディーヌ・ロンジェが映画「Party」(1968年、ピーター・セラーズ主演)の中で、彼女がいきなりギターを手に歌うシーンがあるんですが、まるで日本の「若大将シリーズ」か、みたいな唐突感も含め、セラーズのいかにもな演技も見物で、ここだけ見ていても楽しい場面ですね。そのクロディーヌはフランス生まれでアメリカに移り住み、スターになったクロディーヌなんです。ベスト盤が出てますからCD聴いてみるとほかにも素敵な曲、歌がいっぱいありますよ。