MUSIC SALON


                               N_DRESS MUSIC SALON By KENSHO ONUKI

vol.12 〜 JOANIE SOMMERS / ONE BOY  〜

「暑いときにはアイスもいいけど、キュートな歌声もネ」

ONE BOY /  JOANIE SOMMERS

 今年の夏は異常に暑いで〜〜すネ。ミーの故郷、イタ〜リアでもピサの斜塔が暑さでさらに歪んで見えた、な〜んていうくらいでーす。つーか、それって蜃気楼みたいな揺れる景色を見ただけジャンニ・モランディ!つー話ですね。ジャンニ・モランディってのはダジャレンティーノ系で〜す。でも、まったくのデタラメではありませーん。彼は60年代のイタリアの人気歌手のひとりで、日本でも大ヒットした曲「ゴーカート・ツイスト」(邦題は「サンライト・ツイスト」)で人気者になりました。この曲、63年のイタリア青春映画の代表作「太陽の下の18才」(主演:カトリーヌ・スパーク)の主題歌でもあり、映画とからめて人気になったんですね。ビートルズとかがまだデビューして間もない頃のことでした。
 
 しかし、ナンだね、この時代の空気というか、社会模様というか、世相の違いはあまりにもキョーレツです。このシングルのジャケットに書かれた宣伝文句ひとつひとつが、時代の格差とゆーか、落差?とにかく、空気のあまりに極端な変質ぶりに驚きを超えて、もう笑いますよねー。上のコメント「スパークするサンライト・ティーンのシンボル!カトリーヌの最高魅力!」って、アナタ、日本語になってるんですかね?とりあえず、何でもいいからそのへんにあるコトバで凄そうな雰囲気やっつけちゃえ!てなもんや三度笠でしょ?もう説明すんのも面倒で〜す。ご自分で解釈してくださ〜〜〜い。
 
 でも、この暑い盛りにワターシの周りのブランドのみなさんがた、もう秋冬の展示会ですって!!このクソ暑いのに、何が悲しくて秋冬物の展示会しなきゃなんないの〜〜〜〜???でも、そういう掟らしいから仕方ないデ〜〜スね。そう言えばN_DRESSも31日水曜日から8月4日の日曜日まで、モーレツな展示会を行います。会場はいつものCHABEくんのkit Gallery。あらま!すっかり宣伝しちゃいましたね!サーセンざます。
 
 さて、今回の本題は、キュートな歌声でしたね。カトリーヌもキュートですが、もう少し前、50年代から60年代にかけてのアメリカン・ポップスにイイものが多いんです。例えばこの人、ジョニー・ソマーズ、なんていうとジョニーなんて男の子みたい、という声もありそうだけど、チッチッ、アチラではJoanie Sommers ですから。男の場合は普通、Johnnyですネ。ジョニーつーよりジャニーに近いのかも。ジャニーズの大元、ジャニー喜多川さん的に。まぁ、そのへんはどーでも、この歌声、一度聴いたら、絶対忘れられない、そういう「運命的」なボイス、声質ですよね。刹那系というか、一時のセイコちゃんみたいなデスネ。「風立ちぬ」の後半あたりのサビのところのかすれ方とかみたいな。それはともかく、ジョニー・ソマーズ、当時19才、1960年のデビュー・ヒット、聴いてみてクダサイ〜〜〜〜〜ネッ!少しは真夏から抜け出せそうな気配になりますよ。
 
Text By ズッキーナ・ヌッキーニ(誰?)
 2.Mar.2013