MUSIC SALON


text by kensho onuki

Vol.4 SWINGING LONDON

さて、今回は普通の音楽話から離れて、もう少しファッションとかに近寄った
感じのモノをみなさんに紹介させてもらいます。これは、自分がFACEBOOK
やってる関係で、その中の友達の方から教えてもらったモノなんです。
映像がとにかく素晴らしくて、カラーでもあり、見応えも十分です。
 
  60年代という時代は、やはりほかの、特にこの30年くらいの近年といろん
な意味ですべてがダイナミックで、冒険的で、夢見心地でトキメキがいっぱあっ
た時代なんですよね。情報化時代に消えてしまったサムシングが確実にあったん
です。

 音楽もファッションもその時代を生きる人間が生み出すものです。ですから、
時代ごとに違いがあるんですね。それがその時代の拍動やら、色合いとか空気を
映し出すんですよね。だから、映し出されて出て来たものがツマラナイというこ
とはその時代そのものがダメってことです。
 その解決には、お金や技術なんかじゃとてもじゃないけど役には立たないんで
す。ではナニが?言うまでもなく、我々人間そのものの力、魅力です。いわゆる
人間力なんです。説教臭くなっちゃいましたかね。そんなつもりはなかったん
です。じゃあ、今月の自分のビデオジョッキー的イベント「CROSSROADS」で
もやる予定のロックとファッションの関係の話からこの映像を。
ちなみに、CROSSROADSは渋谷Organ-Barで毎月第4水曜日の午後9時半から、
23時半頃まで。



では、60's Swinging Londonの魅力をエンジョイして下さい。



                                                                                     
                                                                                         Mar.17'  12
                                                             Text By プッチモ・ヌッキーニ